カード払いができる便利な賃貸もあります。

カード払いができる便利な賃貸もあります。

持ち家を賃貸で貸すか売るかの選択とは?

PAGETITLE
突然の海外勤務の辞令を受けることも多くなった日本では、せっかく購入した自宅を一旦は手放すか、それとも賃貸で貸し出すか、という選択に悩まされることに、なることがあります。この場合、自宅を購入した時に、発生している住宅ローンの返済をしないといけないとこいうことで、売値で、すべてのローン返済ができればいいのですが、それができない場合もあったりします。そのようなときには、貯金を切り崩して、それを投入する必要が出てきたりします。このようなことは、今ある経済の状態が作用したり、その地域の開発程度などのも作用するところもあって、金額というのは、かなりの幅で動いていることがその時にわかります。

それでも返せない場合には、売ることあきらめて、賃貸として貸し出すことを選択することになるはずです。ただ、再び、その地域に戻ってくることも想定できている場合には、現在ある法律上の仕組みを使って、その期間をあらかじめ決めておくことができる制度を使うことで、活用ができたりします。その制度というのは、定期借地制度というもので、期間を限定して貸し出すことができるので、その時期がきたら、必ず貸主に返さないといけない制度で、従来の大家さんのように、一旦貸すと、退去を強制できないところにある法律とは違った使い方ができたりします。