カード払いができる便利な賃貸もあります。

カード払いができる便利な賃貸もあります。

賃貸退去時の原状回復で賃借人が負担する時とは?

PAGETITLE
賃貸物件の原状回復で、今のところ、いろいろなところで、その内容が裁判などをした結果、どこまでが原状回復として賃借人の義務が、課せられるものかということで、わかってきたところがあります。その内容というのは、国土交通省が出しているガイドラインにも書かれているところもあり、どんどんその内容について、詳細に分けられてきているところがありまが、基本的には、裁判でなく双方の話し合いによるもので決めることが前提になっていたりしているところもあったりします。

それに、基本的には、賃借人の不注意によるところで、汚してしまったり壊してしまったりした時には、間違いなく賃借人の負担になったりすることが、その根本にあったりします。たとえば、カーペットに飲みこぼした場合には、手入れ不足によるシミになった場合や、冷蔵庫の下の錆を放置したために、フローロングに傷が付いた場合、引っ越し等で、傷が室内にできた場合、それに、ペットを飼うことが可になっている物件で、ペットが汚して、それが取れずに残っているシミや傷跡など、日常のメンテナンスを怠ったために風呂やトイレ、そして、キッチンなどにカビや水垢ができてしまったところなどは、その負担を、必ずしないといけないことになっていたりします。