カード払いができる便利な賃貸もあります。

カード払いができる便利な賃貸もあります。

賃貸で居住スペースに荷物を置くこと

PAGETITLE
賃貸アパートやマンションなどの集合住宅のとき、建物を自分の住居スペースと共有スペースに分けていくことができて、居住スペースは実際に住むお部屋のことで共有スペースはエントランスや廊下や階段などのほかの入居者もかならず使用する部分です。そして居住スペースは自分の私物を置いてももちろん構わず、自分が暮らして行くために借りている部屋なので、日常生活に必要な私物があっても当然の場所です。そして居住スペース内なら、禁止されているもの以外であれば特別何をおいても問題になることはありません。

そして、共有スペースは私物を置いていけないスペースになっていますから、原則何も置いてもいけません。そして自分だけでなくほかの入居者も利用していくところで、通行の邪魔になってしまうこともかんがえられ、それがもしも避難経路になって居る場所であれば、避難経路をふさいでしまい、もしもの時に危険になることがあります。そして共有スペースの利用についてはそのルールも契約書にしっかり定められており、もちろんほとんどのケースで共有スペースへ物を置くことを禁止しています。ですから、私物は自分の部屋の中に収まるようにしておくことが大事です。