カード払いができる便利な賃貸もあります。

カード払いができる便利な賃貸もあります。

賃貸の原状回復について

PAGETITLE
賃貸を退去する時には、契約に基づいて入居する前の状態に戻す必要があります。借り主の落ち度でついた傷や汚れなどは借り主の負担で修復することになります。これを原状回復といいます。基本的に原状回復費は入居する際に支払った敷金の中から支払われるもので、退去時には原状回復分を差し引いた金額が返還されるものです。

どんな人でも住まいで生活を送っていれば、多少の傷や汚れは発生するのが普通です。というのもいくら十分に気をつけて住まいを大切にしていても時間の経過で自然と住まいは劣化が生じるからです。時間の経過や通常の生活で生じた傷や汚れに関しては原状回復の対象にはならず、借り主は負担する必要がなくなります。ただし手入れが不行き届きで生じたカビや汚れ、タバコの吸い過ぎでしみついたヤニ汚れ、故意に破損してしまった場所などは原状回復の対象となります。

賃貸契約では原状回復のトラブルが起こりやすく、借り主が原状回復費を過剰に支払ってしまうケースも多いのです。これは借り主に原状回復の知識がなく、入居の際に妥当でない特約がついていることに気付かず契約してしまうことも関係しています。貸し主や管理会社に悪気がなくても貸し主との認識に相違のある場合もあります。トラブルを防ぐためには契約前に契約内容を確認する必要があります。また退去時の交渉も有効です。